ニュースリリース

スマートセンサ: TR2000, FIS2001 - 感度調整済み CO, メタン検出用小型モジュール発売

めざましい広がりを見せるガスセンサ応用分野からのニーズに応える為に、当社は、駆動回路と信号処理及び出力機能を持ち、更に感度調整済みの小型モジュー ルを開発しました。 標準仕様の一酸化炭素やメタン検出用モジュールを始めとして、それ以外の対象ガスと濃度に対しても要求される仕様に合った製品を提供 致します。

ガスセンサの応用分野は、家庭用や工業用の警報器から空気清浄器や換気装置などの空質制御用に広がっています。従来これらの用途には半導体ガスセンサに特 有なセンサの駆動方法や信号処理そしてガス感度の調整工程が必要でした。 当社の「スマートセンサ」は、ガス検出の応用を「特殊な分野」から簡易な「プラ グ・アンド・プレイ(センサをソケットに差し込めばそのままで使える)」に転換しようという発想で開発されました。 マイクロプロセッサに必要な機能を盛 り込み、警報出力やガス濃度に対応したデジタル信号を取り出して濃度の表示をさせたり、外部のコンピューターにデーターを送る事も可能にしました。 しか も多点ガス調整により大幅な精度の改善や各種の補償機能やフェールセーフ機能も盛り込んであり、正に「賢いセンサ」を実現しています。 COとメタンの同 時検出が可能な FIS2001 とコンパクトデザインの TR2000 を使って、あらゆるガス検出への対応が可能です。
TR2000.gifFIS2001.gif